酒井一(さかいはじめ)の歩み

1950年8月11日大阪生れ

府立住吉高校卒業
1970年京都大学入学 のち中退
1976年アルナ工機尼崎工場入社 
○溶接工・労組代議員
1992年尼崎市議会カラ出張事件
1993年尼崎市議会解散・出直し選挙にて初当選
1995年阪神大震災
○被災者引越しボランティア○被災者への公的支援を求めて運動○東難波連協会長に就任。自治会、地域福祉活動に取り組む
1997年尼崎市監査委員
2002年尼崎市初の女性市長(白井文さん)誕生にかかわる
2003年稲村和美兵庫県議会議員誕生にかかわる
2005年クボタ・アスベスト公害 〇公害として被害者への補償を要求
2007年尼崎市議会副議長に就任
2010年稲村市長誕生にかかわる
2011年東日本大震災・福島原発事故
○被災地への視察兼ボランティアに
2013年 6期目当選

現在 尼崎市議会 会派 緑のかけはし幹事長
経済環境市民委員会副委員長 東難波社会福祉連絡協議会会長

家族 妻と二人暮らし 男子2人

趣味 渓流釣り 低山歩き 読書